60cmの床下マジック

ルネスがアパート経営を安定事業にする理由。

ポイント1.入居者の方に対するメリット

入居者の不満点を解消し、選ばれるアパート住み続けられるアパートを提供します。
入居希望者が賃貸住宅を選ぶ祭は、交通・買い物などの便利性が重視される傾向にあります。
しかしそうしたエリアでは競合物件も多く競争は激しくなります。さらに築後何年も経てば入居者は他の新築物件に目を向けはじめるため、家賃を低下させなければならなくなります。したがって土地の値上がりが期待できない現在、入居者に選ばれるアパート・マンションを設計することが最重要課題となります。

ルネスが解決

ルネス工法がコストと不満を解消しました。

収納スペースの狭さの解消

収納スペースの狭さの解消
ルネス工法は床下に60cmもの広大な空間をつくり出しました。これを収納スペースとして有効に活用することで、これまで入居者の大きな不満だった収納問題を抜本的に解決しました。

上下階の騒音の軽減

上下階の騒音の軽減
普通の逆梁工法は床を多くの束で支えるため、音が階下に響きやすいという欠点がありました。しかしルネス工法では床を軽量ビームで支えるため、上下階への騒音を大きく低下させることに成功しました。

採光・採風性の向上

採光・採風性の向上
梁を床下に設置するルネス工法では、天井の高さから窓が設置できます。この結果、ハイサッシやランマ付ドアを設置でき、採光や採風性が高くなります。

ポイント2.大家族に対するメリット

大家様が負担する費用を削減し、様々なリスクを軽減することを可能にします。
アパートの収益計算を行う場合、建築費と家賃収入のみを考えがちです。しかし良好な建物環境を維持するためには、さまざまなメンテナンス費用および必要に応じた適切なリフォームが必要です。安定した賃貸アパート・マンション経営を事業展開するためには、こうしたランニングコストに注目することが大切です。

ルネスが解決

ルネス工法がコストと不満を解消しました。

ライフサイクルコスト(LCC)を軽減

ライフサイクルコスト(LCC)を軽減
建設費だけで見るとC社が最小ですが、ライフサイクルコストも合わせて見るとルネス工法が最も経済的です。

居住空間+機能空間(住空間の25%)で建築資産価値を持続

居住空間+機能空間(住空間の25%)で建築資産価値を持続
ルネスは“住空間”に機能空間を付加。
例)75m2の床面積の場合180m3の住空間がプラスされます。この機能空間が、ライフサイクルコストの低減につながるほか、収納をはじめとする様々な居住機能としても活用できます。

 

■ルネスが60cmの床下空間にこだわった理由

規制への対応とコスト削減のために

10m規制を最大限に活かす3階建マンションにした場合、図のような居住空間を240cmに設定すると、床下空間は60cmが最適。またランニングコスト軽減のためにはメンテナンスしやすい床下空間を確保しなければなりませんが、60cmの床下空間があれば、作業する人間が各フロアの床下に入って作業できるようになります。


ルネス工法ルネス工法 お客様の声